脱毛の方法の中に医療レーザーを使った手法があります。医療レーザーは、元々はシミを取るために利用されていたものだと言います。有る時、シミを医療レーザーで取っていたときに、毛が生えて来ない事が判明し、研究の結果現在の医療レーザーが誕生したと言います。シミというものは黒いものであり、医療レーザーと言うものは、黒い物にだけ反応すると言います。そのため、肌への影響も少なく安全性が確立されているものだとあります。医療レーザーによる脱毛のメカニズムは、レーザー光の波長によるものです。脱毛を行う場所にレーザーを照射させると、毛のメラニン色素に反応を起こさせます。毛のメラニン色素はレーザーにより熱を蓄積し、やがて毛のメラニン色素は破壊されるという仕組みになっています。これは毛のメラニン色素にだけ反応を起こさせるものではありません。

肌にレーザーを照射させると、肌にあるメラニン色素に熱を蓄積し始めるのです。しかし、肌にあるメラニン色素は熱を放出し、再び蓄積を繰り返します。ですが、毛のメラニン色素は熱を蓄積したまま維持します。しかし、毛のメラニン色素も熱を放出しようとしますが、蓄積されているエネルギーの方が大きいため、維持しきれなくなり毛根が破壊されると言う事なのです。そして、毛の毛根が破壊されると同時に、そこからは毛が生えてこなくなるという事なのです。医療レーザーによる脱毛は、短時間で広範囲の脱毛が可能になるというメリットがあります。しかし、毛には毛周期があり、脱毛の効果を得られるのは成長期となる毛の毛根だけになるのです。永久的に毛を生えてこなくするという方法がありますが、これは何度となく医療レーザーの照射を繰り返し、成長期に入った毛を処置していくのです。そのため、永久的に毛を生えてこなくするためには1年から2年もの期間がかかるといいます。また、全身の施術を行う場合も同じで、範囲が多くなるとそれだけ時間も掛かります。しかし、全身の場合は、同時にいくつかの箇所を施術していくのが特徴です。しかしながら、医療レーザーは熱を帯びるものですから、熱さを感じないわけではないと言います。

そのため、医療レーザーで施術を行う時には冷却を行いながら施術を行い、熱さ対策を行うわけです。因みに、医療レーザーは医療行為を伴うものであり、病院やクリニックなどの施設での脱毛の手法であり、エステなどでは行う事が出来ない方法です。